電気工事士セットとは

電気工事士セットとは

電気工事士セットの使い方は人それぞれです、なので自分の気に入った電気工事士セットを購入しましょう。

中身は電気工事士技能試験の試験を受けるための基本的な工具とストリッパー、ペンチ、スケール、ナイフなどが入ったものや、あるお店がネットで売っている商品で第2種電気工事士技能試験用材料セットというものは差込コネクターや電線管や埋込みコンセント、端子台、タンブラスイッチなどの備品が入ったもので、スイッチ関係やランプレセプタクルなどは使い回しをし、ケーブルなどは3回分使用できるようになっています。

足りないものはバラ売りもしているので、試験の練習に不足している工具のみを買い足すということもできます。

選び方としてはスケールならコンパクトでロック機能がついていて、2mまで測れるものが望ましいです。

お店によっては購入者にはプレゼントがあったりするので、確認して必要な工具を購入してちゃんとした工具を使い、電気工事士の試験に合格できるように頑張りましょう。

電気工事士の資格を取るには

電気工事士には大きく分けて第1種電気工事士と第2種電気工事士があります。

電気工事士法というものがあり電気工事士の資格を受けているものでない限り、一般用電気工事や500キロワット未満の自家用電気工事をすることはできません。

違反をした場合は懲役や罰金という規定があるそうです。

試験の受け方は第1種が年1回、第2種は年2回実施され受験資格はありません。

筆記試験と技能試験があり、第1種では電気主任技術者の資格を持っている人は筆記試験が免除され、第2種では工業高校の電気科を卒業したり専門学校や大学などの科目取得での卒業なども免除になります。

技能試験は電気工事士セットを使って決まられた時間内で問題を完成させ技能を評価します。

ですから忘れてならないのは筆記用具と電気工事士セットです。

電気工事士セット

また、電気工事士の資格を取るために国家試験受験準備講習会というものもあったり、講習などは各地の職業訓練施設や専門学校などでも行っていて民間の資格を取る学校に比べると授業料は安価です。

ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか。